グッピーについて

グッピー(Guppy, 学名:Poecilia reticulata)は、ラテンアメリカ原産のカダヤシ目(キプリノドン目) カダヤシ科(ポエキリア科) グッピー属(ポエキリア属)に属します。

1858年頃、イギリスの植物学者グッピーによって発見され、1859年に学名がつけられました。


分布

南米のベネズエラ、バルバドス、トリニダード、ブラジル北部、ガイアナに自然分布していましたが、主に蚊の駆除のために世界各地へ移入されました。

グッピーは耐寒性が弱く、日本本土の冬を野外で越すのは難しいとされています。しかしながら、温泉街などの温排水が流入する地域にグッピーが帰化している例があります。

アメリカ、オーストラリア、タイ、スリランカ、パプアニューギニアなどの国々では、在来種の魚類を駆逐して生態系を脅かしているという報告もあります。以上のことから

自然下への放流は、生態系に対してリスク要因とされているので注意が必要です。

形態

オスとメスで個体の形質が異なり、大きさは雌が大きいが、彩りは各染色体上にリンクした遺伝子コードを男性ホルモンの影響を受けて発色するため、雄が美しいことが一般的です。雄は体長3-4cm、雌は5-6cmとされていますが、品種によってその大小は様々です。

 

野性下での姿はやや細身で

薄い褐色の体に、透明な尾鰭を持ち、メダカやカダヤシに似ていますが、胴体の側面とに青や赤など様々な色の模様が出てるため、判別は困難ではないでしょう。尻びれには細長く尖ったゴノポディウム(gonopodium)とよばれる管状の交接器を備えており、これによって精子のカプセルをメスの総排出腔に注入します。

 

 

寿命と繁殖

グッピーの寿命は野生下において、捕食圧が高く、性成熟が早い地域においては約6か月、捕食圧が低く、性成熟が緩慢な地域においては最大で16ヵ月との報告があります。

 

またグッピーはヒトとは異なり、グッピーは複数の雄と交

配し、同一腹で異なった雄の

子孫を残せる"Polyandry"というシステムを有しています。

このシステムのお陰で極度の近親交配を避けたることができています。


◆What's NEW◆


7/12:今年のグッピートーナメントトレイルの予定を「◆コンテスト」にUPしました。

(7/12: We updated the schedule of this year's Guppy Tournament Trail to "Contest")

 

6/5:富山グッピーコンテストの詳細を「◆コンテスト」にUP致しました。

5/3:2017年グッピーコンテストの上位入賞魚をUP致しました。

 

3/19:◆イベント:アクアリウムバス出店報告しました。

 

3/18:2016年次コンテスト動画をUP致しました。

 

3/16:P.reticulataについてUPしました。

 

3/7:英語対応に更新を開始しました。

 

3/4: 2015年・2016年コンテスト結果をUPしました。

 

3/2: 2017年コンテストの詳細をUPしました。


◆Show Movie◆


大分グッピーファンクラブ様のご厚意で掲載させて頂いています。(Thaks by Oita Guppy fun Club)